So-net無料ブログ作成
検索選択

君は松岡洋右を知っているか [歴史]

 反中嫌中行動発言を連発し、これがまた大衆人気になる?
小泉首相/麻生外相
あれじゃ、丸で松岡洋右ですがな、と私が言っても、既に、80歳以下の人には通じなくなってしまった。

松岡洋右は、戦前、大衆人気のあった有名な外相でした。彼が、国際連盟の会議場から、サヨナラ、と言って退場する姿はニュース映画に残っています。私の亡き父も、松岡洋右は格好良かった、と言い遺していました。

松岡は、日米戦前、国際連盟を脱退し、日独伊三国同盟(軍事同盟、今でいう集団的自衛権←この言葉もまやかし)を推進した人物で、

「道を歩いていてアメリカに衝突しそうになったら、絶対に道を譲ってはいけない。殴られたら殴り返さなければいけない。アメリカでは一度でも頭を下げたら、二度と頭を上げることはできない」

と言ったそうですが、アメリカ中国と置き換えれば、昨今の嫌中を煽る麻生外相(とその陰にいる小泉首相)と、大いに似ています。国際連合より日米同盟を優先するなどと言う妄言も、全く同じことです。(日米安保条約は、国連の優越を定めています。条約によらない日米同盟とは何ぞや。)

松岡は、カッコ良さで大衆を引きつけ、結局は国際情勢(独ソ不可侵条約と独ソ開戦)を誤り、大にっぽん帝国は、日米戦の結果、瓦礫の山となったわけです。

松岡洋右≒小泉純一郎+麻生太郎。にほん人が、ヒトラーの言う「想像力に欠けた国民」に、再びなっては困ります。歴史とは学ぶもので、自己正当化に使うのもではないと思います。

人気blogランキングへ
NHK「その時歴史が動いた」 三国同盟締結・松岡洋右の誤算~ぼく一生の不覚~「日中・太平洋戦争編」 (Amazon)
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(4) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 6

かものはし

松岡洋右とコイズミ。東條英樹とコイズミ。そっくりそのままですね。
それに 騙されるのまでそっくり。
by かものはし (2005-12-29 11:21) 

Ght

真実をきちんと調べてから書きましょうね。
うそっぱち書くのはいけません。
by Ght (2006-01-29 07:14) 

とおりすがり

松岡洋右のセリフ、「アメリカ人」の下りを「中国人」「韓国人」に置き換えたようなのを声高に言っているような輩は確かに存在しますね。
その性根の醜悪さにヘドが出ますね。

>>Ghtさん
どこがどう嘘か指摘もしない(あるいは、する能力がない)で、「うそっぱち」ですか…
何でもぶっきらぼうに一言で片付けようとするそのでたらめさは、まるで某日本国の某小泉首相みたいですね。
忠告します。そんな態度でいると、ネットの世界だけでなく、現実の社会においても恥を晒すだけですよ。
by とおりすがり (2006-02-04 08:50) 

TAMO2

少し違いがあります。松岡洋右の時代のアメリカと日本は、日本が追い上げる側――ただし圧倒的に日本が弱い――、今の時代の中国と日本では、中国が追い上げる側――しかもかなり強い――、というところです。

それから、アメリカはキャンキャン吠えずにやることやりましたね。日中は、両方とも吠えているように思えます。

まあ、吠える奴は冷たい眼で見ておきましょうw
by TAMO2 (2006-02-24 21:22) 

ぶどうちゃん

 松岡洋右は、土屋たかゆき東京都議みたいな人物です。http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/
 松岡のような国会議員や地方議員が出ないことを注意しています。
by ぶどうちゃん (2006-07-21 19:48) 

バッカス

貴方は視野をもう少し広げるべきでしょう。
そもそも、日本を批判しているこれらの国は、国際的に見て、評判のいい国だと貴方は本気で思っているのですか?
対して、日本は本当に嫌われている国なのでしょうか?
韓国・中国・北朝鮮・・・これら以外の国で目立って日本を批判している国は
あるでしょうか?
貴方はいわゆる"特定アジア"しかみていない。私はそう思います。
貴方はまさか、いつでも相手に対して
ヘコヘコしていればいい外交、などとは思っていませんよね?
それに中国はアメリカと違い、今でも"自治権拡大"の名目でガンガン
他国に対して侵略している社会主義国家な訳ですが。。。
そんな国に頭下げたら舐められるのは決まってるじゃないですか。
今でさえそうであるというのに。
by バッカス (2006-08-11 11:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。