So-net無料ブログ作成
検索選択

燐(リン)弾は化学兵器であった [政治・経済]

低気温のエクスタシーで、燐(リン)弾の記事
【再掲】イラク帰還海兵隊の告発「我々は黄燐弾と劣化ウランを使った」
イタリア国営放送の【要覚悟】ファルージャ動画ニュースを見る方法
中日新聞「米軍、化学兵器を無差別使用?伊・国営放送がドキュメンタリー」
を見て、驚きました。他のニホンの大手マスゴミには出ていないようです。

私の知識では、確か学校の化学に出てきたのは、赤リンと黄リンで、白リンとは聞いたことないな、と思いました。赤リンは安全でマッチに使われているが、黄リンは危険だというくらいは知っていました。調べてみたら、黄リンは、白リンの表面が赤リンに変化して、黄色く見えるのを言う、と知りました。

白燐爆弾「ウィリー・ピート」は、湿気の多い日本やベトナムで使えば、恐らくすぐに発火して焼夷弾となり、それはそれで恐ろしいものでしょう。ところが、乾燥しているイラクで使えば、残虐な化学兵器に変身するようです。
リン爆弾が炸裂して、白リンの雲が発火せずに広がり、それが人体(湿気)に触れれた途端に発火すると考えられる。白リンの雲を吸い込めば、口、気管、肺の中(湿気あり)から白リンが発火し、人体を中から焼き尽くすことは有りえる。だから、服が焼け残って人体が黒焦げという現象も有りうると思えます。

兵器には、人道も非人道もないと思いますが、白リン弾は、原爆に匹敵するむごたらしい結果をもたらしました。 海賊に襲われた米豪華客船、非殺傷兵器で撃退に成功、ぐらいが、まぁ人道的兵器ですかね。


nice!(0)  コメント(18)  トラックバック(12) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 18

あの・・・・。

白リン爆弾なんて兵器は存在しません。
白リン弾ですな。「爆弾」ではないのです。

ただの昔からある照明弾にすぎないんです。
米軍だけではなく自衛隊、中国軍、イギリス軍というか世界中の軍隊が絶対にもっている照明弾です。

正直、そんなものを殺傷用につかうくらいなら、普通の榴弾をたたきこんだほうが絶対に効果があります。

白リン弾で出来る煙は五酸化リン(正確には五酸化ニリン,十酸化四リン)なんだが,何時からそんな毒ガス扱いに・・・。
有毒ではあるが白リンそのものより致死量は遥かに低いんです。なんでなら乾電池にも普通に入ってる物質だからです・・・。
by あの・・・・。 (2005-11-25 07:34) 

luxemburg

> 白リン爆弾なんて兵器は存在しません

ガーディアンhttp://www.guardian.co.uk/usa/story/0,12271,1642989,00.htmlには”phosphorus bombs”と書いてます。
とりあえず、なぜこれが化学兵器となるかの説明が、特にこの記事の半分から下の辺りにしっかり書かれています。まあ「化学」兵器かどうか自体が重要なわけではないですけどね。問題は何が起こったか、ということでしょうね。

> 普通の榴弾をたたきこんだほうが絶対に効果
イラクに暮らす人はあなたと同じ普通の市民です。あなたとあなたの家族が、この爆弾でむごたらしく殺されたところ、「普通の爆弾をたたき込んだ方が効果があったなあ」と評する、というのをあなたはどう思いますか?

「また、luxemburgさん、熱くなっちゃって・・・。」
「それを言うなって」
「 一人でやるなよ」
「すみません」
by luxemburg (2005-11-25 18:07) 

あの・・・。

>なぜこれが化学兵器となるかの説明が、特にこの記事の半分から下の辺りにしっかり書かれています。

いや。その説明は間違っていないんですれけどね。なんか大きな勘違いをおこしちゃいませんか?「化学反応をおこしたら化学兵器」っていうんだったら普通の銃弾も化学反応で炎症効果をおこし、一酸化炭素を排出する「化学兵器」になってしまいます。というか中世の戦争ではあるまいし、「化学反応」をおこさない兵器のほうが遥かに少ないんではないでしょうか?

>まあ「化学」兵器かどうか自体が重要なわけではないですけどね。

まぁそりゃそうなんですけど。第一次世界大戦から以降、いろいろな化学兵器禁止の条約が作られてきましたが「白リン」は一度として禁止条約に含められたことはありません・・・・。
というか含める必要も無いです。

私が言いたいのは、別にイラク市民がうんちゃらとかそういうことではありません。白リン弾が軍事的にはただの照明弾としてしか使われていないと説明しているだけです。よって、

>イラクに暮らす人はあなたと同じ普通の市民です。あなたとあなたの家族が、この爆弾でむごたらしく殺されたところ、「普通の爆弾をたたき込んだ方が効果があったなあ」と評する、というのをあなたはどう思いますか?

こんなことを言われても困ってしまいます。私は別に米軍の軍事作戦に反対も賛成ともいっていません。
白リン弾をかってに「爆弾」にして、かってに「化学兵器」に変えてしまっていることに対して「間違っているよ」といっているだけです。

勝手に人道の話に絡めれても困ります。
by あの・・・。 (2005-11-25 21:02) 

あの・・・。

それとなぜ通常の榴弾のほうが効果があるといったかというと、簡単な話で、「白リン弾なんぞで攻撃する必要はまったく無い。安い榴弾のほうが効果的なのに、米軍はわざわざなんで白リン弾なんかで攻撃するんだよ・・・・」といっているだけです。

それと「白リン弾」で殺された人の映像というものがネットで出回っていますが正直、白リン弾で殺された証拠にはまったくなりません。ただ単に通常爆弾の爆風で焼かれたものかもしれませんし、榴弾で吹き飛ばされた人かもしれません。

http://www.rainews24.rai.it/ran24/inchiesta/video/fallujah_ITA.wmv

ちょっとショッキングが映像なんで、見ないほうがいいかもしれませんが。

>白燐爆弾「ウィリー・ピート」は、湿気の多い日本やベトナムで使えば、恐らくすぐに発火して焼夷弾となり、それはそれで恐ろしいものでしょう。

まず、なんどもいいますが、焼夷弾ではなく、「照明弾」です。
世界中の軍隊が白リンを使った兵器を「照明弾」として使っています。白リン弾を焼夷弾として米軍だけが奇跡的に改良できたら別ですが。世界軍隊の中で「白リン焼夷弾」なんて兵器は絶対にありません。

>ところが、乾燥しているイラクで使えば、残虐な化学兵器に変身するようです。

湿気の差だけでそれだけ効果に変化がある兵器なんて怖くて使えません。それと白リン弾は手で投げる投擲タイプがそうとうあるんですけど。投げた米兵が死んでしまいますね。そんなに威力があるなら。

白リン弾が「危険な化学兵器」なんていうのは妄言にすぎません。燃えるだけならナパーム弾という立派な兵器もありますし。
by あの・・・。 (2005-11-25 21:15) 

luxemburg

ガーディアンの記事を読んで下さい
phosphorus bombs----と書かれていますから、「勝手に」爆弾にしているわけではありません。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/4417024.stm
も爆弾と書いてますけど。bombを辞書でひいてみていただけますか?「爆弾」の訳はなんら「勝手」ではないと思いますが。

> その説明は間違っていないんですれけどね。なんか大きな勘違いをおこしちゃいませんか?「化学反応をおこしたら化学兵器」っていうんだったら

そんなこと書いてないですよ。ところで炎症反応って何ですか?硝煙反応の間違い?それとも燃焼という化学反応といいたいのですか。もしそうならそれも全く違いますよ。よく読んでから反論して下さい。

> 「白リン」は一度として禁止条約に含められたことはありません
その説明も書かれています。よく読んで下さい。

> 勝手に人道の話に絡めれても困ります。
最初から最後まで徹頭徹尾人道の問題です。ペンタゴンだって人道の問題だと言ってますよ。これが「からむ」という程度であると認識する神経のほうが問題ですね。
by luxemburg (2005-11-25 21:55) 

あの・・・。

> 「白リン」は一度として禁止条約に含められたことはありません
その説明も書かれています。よく読んで下さい。

読みました。あなたはまったくもって曲解していることがよくわかります。

この部分ですね。

It can be legally used as a flare to illuminate the battlefield, or to produce smoke to hide troop movements from the enemy.

戦場を照らしたり、兵士の動きを隠すために使うことは合法で、人に向かって使うと非合法になると。
正直この文章だけでまったくもってこのサイトが無知で役に立たないレベルの低いサイトだということがわかります。
まず白リンは「照明弾」としてしか利用できず、「兵士の動きを隠す」ことなどできません。兵士の動きを隠す煙幕だったら「スモークディスチャージャー」といった種類の兵器が別にあります。正直白リン弾で「兵士の動きが隠せる」といっている時点でこのサイトが「白リン弾」の意味なんてまったくわかっていないことがわかります。

それと、
But it becomes a chemical weapon as soon as it is used directly against people.

まぁ適当に訳すと、「けれども、それが直接人々に対して使用されるとすぐに、それは化学兵器になります。」って言ったとこでしょうか?

正直、そんな規定の国際法はまったくもって聞いたことがありません。このサイトのかってな定義ではないでしょうか?

正直あなたが、
http://www.guardian.co.uk/usa/story/0,12271,1642989,00.html
を信頼にあたいするソースだと認識した理由を教えていただきたい。正直、あまりにも基礎的な間違いが多すぎて話になりません。
ナパームと白リン弾を同一視していたりまったくもってレベルが低いと言うか、「兵器」について無知なのがまるわかりです。
by あの・・・。 (2005-11-26 23:40) 

あの・・・。

BBCの記事のタイトルは「アメリカはイラクでincendiary arms(焼夷兵器)を使った」,記事中では「white phosphorus bombs」,「chemical arms」を使った,となっています.
BBCは,白リン弾をbomb,つまり焼夷弾と考えているようなのです.

対して米政府の公式コメントは,まとめると
http://usinfo.state.gov/media/Archive_Index/Illegal_Weapons_in_Fallujah.html
・焼夷兵器は違法な兵器ではなく,米軍は焼夷弾Mark-77をラクで使用した.
・「Phosphorus shells」は違法な兵器ではなく,照明弾として用されている.
・ファルージャで「Phosphorus shells」は使われたが,敵兵士に向けて撃ってはいないでした。

どうも,shellとbombが混同されているようです.

そして回,CNNが報じた記事の原文はこれです.
http://www.cnn.com/2005/WORLD/meast/11/16/white.phosphorous.ap/index.html
タイトルは「米軍は白リンを(敵を攻撃する)武器として使用したことを認めた」.
記事中ではペンタゴン側は「phosphorus shells」と表現,CNN側は「phosphorus」のみで,形態についてはボカした書き方です.

早い話、あなたがとりあげたbbcのサイトが元の記事から勝手にsell(弾)と書いていたのをbomb(爆弾)に変えてしまったというのが事実です。

正直「BBC」が爆弾といったから爆弾なんだ!!!!というあなたの理論は崩壊しています。
by あの・・・。 (2005-11-26 23:45) 

luxemburg

 なるほど、BBC、Guardianが無知で馬鹿なサイトであなたはそれを超えているということですね。みなさんが説得力を感じてくれ、唯我独尊とならぬことを祈っています。
半共分子さま、そういうわけで、ばかばかしくて誰も読まないと思いますので、まとめてこのやり取りを消していただいて結構です。ご迷惑をおかけしました。
by luxemburg (2005-11-27 07:45) 

紅葉

>ばかばかしくて誰も読まないと思いますので
いやいや、そんなことはありません。
どちらが論理的で説得力があるか一目瞭然でした。
ありがとうございます。
by 紅葉 (2005-11-28 09:03) 

半共分子

白リン(黄リン)を使った、砲弾というのは、旧日本海軍でも、三式焼夷弾、三式対空弾というのが使われていました。三式焼夷弾は、地上目標に対する艦砲射撃に使われ、敵方の基地を火の海にして破壊することに使われました。三式対空弾は、敵方艦載機を小編隊ごと吹き飛ばすのに使われました。いずれにしても艦砲用ですから、乾燥地で使われることはありませんでした。
焼夷弾の薬量が著しく少ないのが照明弾でしょう。マグネシウム閃光弾(昔の写真のフラッシュの原理)が普通だと思いますが、黄リンを使っても可能でしょう。しかし、黄リンは昔の猫いらず(殺鼠剤)に使われ、少量でも生化学的に猛毒ですから、乾燥地で不完全燃焼して、少量でも黄リンがそのまま飛散すれば、危険です。まして大量に未燃焼の黄リンが飛散すれば、水分(生物体)についてから発火することは充分考えられます。
炭素を燃焼させれば二酸化炭素が出る、場合は無毒ですが、不完全燃焼した場合は危険な一酸化炭素が出るように、黄リンの不完全燃焼も、猛毒かつ人体焼夷兵器になりうると思うのです。
by 半共分子 (2005-11-30 22:02) 

あ~、もしもし?

三式弾って、実戦ではまるで戦果を上げていない失敗策なんですけどね。戦時中の実験で、カネビヤン皮膜の防弾タンクには着火させる事が出来ず、対空兵器として成り立たないと海軍自身が判定しています。要するにあれ、コケ脅し用としか使われてないんですよ。

昭和19年6月、呉海軍工廠砲熕実験部が作成した「通常弾及び特殊弾
の威力」という報告書に三式弾の評価が載せられています。
by あ~、もしもし? (2005-12-02 02:08) 

aaa

もそもそも、燐は空気と反応しないように水中で保管するのだが・・・・
by aaa (2005-12-02 02:11) 

あ~、もしもし?

>炭素を燃焼させれば二酸化炭素が出る、場合は無毒ですが

二酸化炭素中毒を御存知無いのですか?

>黄リンの不完全燃焼も、猛毒かつ人体焼夷兵器になりうると思うのです。

なりません、ブログ主さんも何か勘違いされていますが、水分が無くとも白燐(黄燐)は空気中で30~40℃で自然発火します。
by あ~、もしもし? (2005-12-02 02:17) 

あ~、もしもし?

>白燐爆弾「ウィリー・ピート」は、湿気の多い日本やベトナムで使えば、
>恐らくすぐに発火して焼夷弾となり、それはそれで恐ろしいものでしょう。
>ところが、乾燥しているイラクで使えば、残虐な化学兵器に変身するようです。

白リンの性質が全然分かってないですね。白リンが発火する条件に湿気、水分は関係ありません。(そもそも白リンは水中で保管する)白リンは温度が30~40℃で空気に触れると自然発火します。イラクでは容易に発火するでしょう。それに、そもそも中心火薬で点火するのですが。

白リンが燃焼して出来る酸化物質「五酸化リン」は水分があれば発熱しますが、これと勘違いして無いですか?五酸化リンは乾燥剤としても用いられますから。でもそれは生石灰やシリカゲルが発熱するのと同じ事です。五酸化リン自体は燃え上がりませんよ。毒性も低いですし。なお五酸化リンを吸い込んだ事による死亡例は報告されていません。

http://www.globalsecurity.org/military/systems/munitions/wp.htm
>There are no reported deaths resulting from exposure to phosphorus smokes.
by あ~、もしもし? (2005-12-02 02:27) 

あ~、もしもし?

>リン爆弾が炸裂して、白リンの雲が発火せずに広がり、それが人体(湿気)に触れれた途端に発火すると考えられる。

白リンの雲など発生しません。五酸化リンの雲は人体に触れても結構平気です。
http://obiekt.up.seesaa.net/image/smoke.gif
(白リン煙幕弾の煙に襲われる数万の人々)

>白リンの雲を吸い込めば、口、気管、肺の中(湿気あり)から白リンが発火し、人体を中から焼き尽くすことは有りえる。

そのような怪奇現象は発生しません。

>だから、服が焼け残って人体が黒焦げという現象も有りうると思えます。

腐乱した死体は丸焦げになったように黒く変色します。骨が露出している? 野犬が齧ったんでしょう。イラクでは今、狂犬病が流行しています。
私も写真を見ました。蛆が涌いているものばかりでした。
by あ~、もしもし? (2005-12-02 02:48) 

あ

> 普通の榴弾をたたきこんだほうが絶対に効果
まぁ包丁があるのにわざわざカッターナイフで料理する人はいないってことですね。
>水分が無くとも白燐(黄燐)は空気中で30~40℃で自然発火します。
中東の方では湿度は限りなく0に近いんですかね?
個人的には潮解なんかと同じで化学反応に水が必要なら空気中から水分を持ってくることもあるような・・・
反共分子さんは中学校で習いませんでした?
by あ (2005-12-04 23:34) 

地には平和を

 白リン弾が化学兵器かどうかをはさておき、反共分子さんの燐(リン)弾の記事を拝見しまして、現在のイラクでは、米軍のもってきたものは、兵器ですらないものまで、イラクの人々を惨たらしい死に追いやっているのでしょうか。
 反共分子さんが心を痛めておられることは、私にもよくわかりました。私も同感です。米軍の行為で人が死んでることには間違いがないことですしね。

 白リン弾は化学兵器じゃないかもしれません。国際法が禁じていないかもしれません。でも鈍器でだって殴れば人が殺せるように、「催涙ガスでも水平打ちされて人間に命中したら死ぬ」「照明弾だって人に浴びせ撃てば人を殺せる」わけですよね。故意か過失かにかかわらず、それによって殺されたものや家族にとって、それは凶器であり、兵器であって、人殺しの道具であったことは疑いがありません。戦争とは、そういう危険なものを兵器ともみなさず、いつも普通に使っているのであれば、戦争とは幾重にも罪深いものとしか、言いようはありませんね。

 反共分子さんの問題意識は私にもよくわかりました。リンク先の記事も含め、戦争というもののもたらす目に見えない被害についての示唆を与えていただきました。どうもありがとうございました。
by 地には平和を (2005-12-05 15:43) 

クロムハーツ 店舗

[url=http://www.bwpedu88.com]クロムハーツ 店舗[/url]感じています。 割と安い価格からスタートしてるのですが、以前と比べても 500円~1000円位は安い落札価格になっています。 子供<em>服</em>に限らず、他のお洋服はどうでしょうか? もし、私と同じ経験をされている方で1ヶ[url=http://www.bwpedu88.com]クロムハーツ 店舗[/url]在庫などをオークションに出してみたいと 社長に提案したところ「他の卸先が見たら信用がなくなる」 と冷たくあしらわれました。 私個人のIDでメーカー名を伏せて出せば問題ないですよね。 実際こんなメーカーた[url=http://www.xiaarpik.com]ブライトリング[/url]わからないことがたくさんあります。 配属先が40代以上対象の<em>婦人</em><em>服</em>なので、パンツのまた上が浅いと言われると、え?深いでしょ!と思い、固まってしまい、『でも、形は綺麗ですよ』としか言えません。それから、ス
by クロムハーツ 店舗 (2014-06-21 14:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 12

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。